確率・統計でわかる 「金融リスク」のからくり 吉本佳生著

確率・統計でわかる 「金融リスク」のからくり 吉本佳生著

資産運用金融商品の販売パンフに、ボラティリティが掲載されるようになった。ボラティリティは変化率の標準偏差。受験の際の「偏差値」と同様に、金融リスクのイメージをつけるには必須アイテムだという。この体得を通じて統計分析に基づく確率論で投資に挑む実践法を薦める。

その結果「長期投資ほど低リスク」「レバレッジを利かせたFX取引は高リスク」「分散投資ができているETFは低リスク」「複利は単利より有利」「ハイリスクな金融商品ほどハイリターン」といった“俗説”の間違いもたちどころにわかるようになるという。

確率・統計の基礎知識を学べるとともに、付録の正八面体の「特製サイコロ」でリスクも「体感」できる。

講談社ブルーバックス 1029円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT