確率・統計でわかる 「金融リスク」のからくり 吉本佳生著

確率・統計でわかる 「金融リスク」のからくり 吉本佳生著

資産運用金融商品の販売パンフに、ボラティリティが掲載されるようになった。ボラティリティは変化率の標準偏差。受験の際の「偏差値」と同様に、金融リスクのイメージをつけるには必須アイテムだという。この体得を通じて統計分析に基づく確率論で投資に挑む実践法を薦める。

その結果「長期投資ほど低リスク」「レバレッジを利かせたFX取引は高リスク」「分散投資ができているETFは低リスク」「複利は単利より有利」「ハイリスクな金融商品ほどハイリターン」といった“俗説”の間違いもたちどころにわかるようになるという。

確率・統計の基礎知識を学べるとともに、付録の正八面体の「特製サイコロ」でリスクも「体感」できる。

講談社ブルーバックス 1029円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。