海賊とよばれた男 上・下 百田尚樹著

海賊とよばれた男 上・下 百田尚樹著

創業者出光佐三(本書では国岡鐵造)の強烈な個性によって出光興産(国岡商店)は世界に例を見ない石油会社へ成長した。鐵造の波乱の生涯を描いた700ページを超える長編ドキュメンタリー小説だが、相次ぐヤマ場と細部まで目配りの利いた文章とで最後まで引き込まれる。内外の市場開拓に苦闘した戦前、終戦直後の破天荒なタンク清掃受託、メジャーや国内カルテル体制との徹底抗戦、そして何より世界を敵に回してのイラン原油引き取り。

どの場面でも鐵造の並外れた人間的魅力には圧倒される。日章丸が日本とアバダンを往復する一部始終は迫力十分だし、鐵造に心酔する部下たちが一体となって難局を乗り越えていく様はしばしば感動的でさえある。ドラマチックな企業小説として堪能できるだけでなく、人は何のために生きるのか、組織はいかにして火の玉たりうるのか、考え抜くことがどれほど大切か等々多くのことが学べる教材としても面白い。(純)

上 講談社 1680円

  

下 講談社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。