デジカメ全盛にあらがう、富士フイルムが「チェキ」新モデル

新製品のコアターゲットはフィルムカメラを直接体験していない10代~20代の女性だ。原宿系ファッションモデルを起用したパッケージや、明るくソフトな雰囲気の「ハイキー」な写真が撮れる機能を搭載するなど、ターゲット層に共通する「カワイイ!」という概念を訴求した。商品化責任者であるイメージング事業部担当部長の坂田憲彦氏は、カメラ本体のデザインも含めて「世界で一番カワイイカメラになった」と胸をはる。

12日の記者会見に登壇したチェキユーザーのフォトグラファー米原康正氏(=写真左=)は、「写真を撮る楽しみだけでなく、その場でプリントされる写真を交換してコミュニケーションが広がるなど、撮った後の楽しみがある」と、チェキの魅力を語った。

デジタル世代の若い女性層を新しいユーザーとして取り込めるか。デジタル化にあらがうフィルムカメラの新たな挑戦となる。

(島 大輔 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。