東京は郊外から消えていく! 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図 三浦展著

東京は郊外から消えていく! 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図 三浦展著

東京圏の郊外の地価は、1992年と2011年の比較でおおよそ5割から6割下がっている。つまりバブル期からみると家の値段は半分になった。著者によれば、人口減少社会に転じた日本では、今後、若い世代に選ばれない住宅地は高齢化が進行するばかりで、郊外のニュータウンはオールドタウンになり、大量に建てられた住宅の40%はいずれ空き家になるという、ゴーストタウン予測も出ているという。

人口の多い団塊世代と団塊ジュニア世代の動向に注目して、東京・神奈川・埼玉・千葉の住宅地の動向を分析。29ブロックに分け、住民の意識と行動を調査し、これからの東京圏における都市および郊外のあり方を提言する。

光文社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT