東京は郊外から消えていく! 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図 三浦展著

東京は郊外から消えていく! 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図 三浦展著

東京圏の郊外の地価は、1992年と2011年の比較でおおよそ5割から6割下がっている。つまりバブル期からみると家の値段は半分になった。著者によれば、人口減少社会に転じた日本では、今後、若い世代に選ばれない住宅地は高齢化が進行するばかりで、郊外のニュータウンはオールドタウンになり、大量に建てられた住宅の40%はいずれ空き家になるという、ゴーストタウン予測も出ているという。

人口の多い団塊世代と団塊ジュニア世代の動向に注目して、東京・神奈川・埼玉・千葉の住宅地の動向を分析。29ブロックに分け、住民の意識と行動を調査し、これからの東京圏における都市および郊外のあり方を提言する。

光文社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。