東京は郊外から消えていく! 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図 三浦展著

東京は郊外から消えていく! 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図 三浦展著

東京圏の郊外の地価は、1992年と2011年の比較でおおよそ5割から6割下がっている。つまりバブル期からみると家の値段は半分になった。著者によれば、人口減少社会に転じた日本では、今後、若い世代に選ばれない住宅地は高齢化が進行するばかりで、郊外のニュータウンはオールドタウンになり、大量に建てられた住宅の40%はいずれ空き家になるという、ゴーストタウン予測も出ているという。

人口の多い団塊世代と団塊ジュニア世代の動向に注目して、東京・神奈川・埼玉・千葉の住宅地の動向を分析。29ブロックに分け、住民の意識と行動を調査し、これからの東京圏における都市および郊外のあり方を提言する。

光文社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT