ナビゲーション 「位置情報」が世界を変える 山本昇著

ナビゲーション 「位置情報」が世界を変える 山本昇著

時間、空間のどこに今いるのか、あるいは目的地がどこにあり、いかに効率的にその場所に到着するか。人類はそのために、さまざまな涙ぐましい努力を重ねてきた。そうしたナビゲーションをめぐる歴史が解説される。

羅針盤を使って海を渡った大航海時代から、メルカトル図法などの地図の進化、リンドバーグのナビゲーション手法、戦争の勝敗を左右した航空機搭載型レーダーの開発、カーナビの誕生、GPS(全地球測位システム)の実用化まで、その驚くべき知恵と工夫を紹介している。

多くの画期的な発明が軍事用から民生用に転換されたことに表れているように、技術開発に付きものの「影の部分」にも触れられている。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT