ナビゲーション 「位置情報」が世界を変える 山本昇著

ナビゲーション 「位置情報」が世界を変える 山本昇著

時間、空間のどこに今いるのか、あるいは目的地がどこにあり、いかに効率的にその場所に到着するか。人類はそのために、さまざまな涙ぐましい努力を重ねてきた。そうしたナビゲーションをめぐる歴史が解説される。

羅針盤を使って海を渡った大航海時代から、メルカトル図法などの地図の進化、リンドバーグのナビゲーション手法、戦争の勝敗を左右した航空機搭載型レーダーの開発、カーナビの誕生、GPS(全地球測位システム)の実用化まで、その驚くべき知恵と工夫を紹介している。

多くの画期的な発明が軍事用から民生用に転換されたことに表れているように、技術開発に付きものの「影の部分」にも触れられている。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。