ナビゲーション 「位置情報」が世界を変える 山本昇著

ナビゲーション 「位置情報」が世界を変える 山本昇著

時間、空間のどこに今いるのか、あるいは目的地がどこにあり、いかに効率的にその場所に到着するか。人類はそのために、さまざまな涙ぐましい努力を重ねてきた。そうしたナビゲーションをめぐる歴史が解説される。

羅針盤を使って海を渡った大航海時代から、メルカトル図法などの地図の進化、リンドバーグのナビゲーション手法、戦争の勝敗を左右した航空機搭載型レーダーの開発、カーナビの誕生、GPS(全地球測位システム)の実用化まで、その驚くべき知恵と工夫を紹介している。

多くの画期的な発明が軍事用から民生用に転換されたことに表れているように、技術開発に付きものの「影の部分」にも触れられている。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT