昭和史 1926−45[上]/1945−89[下] 中村隆英著

昭和史 1926−45[上]/1945−89[下] 中村隆英著

昭和史ブームの先駆けとなった大著が文庫本として復刻された。20年近く経つが価値は減じていない。上巻では大正デモクラシー後から敗戦まで、下巻では占領から高度成長の終焉まで、日本経済史の第一人者ならではの重厚な論究がなされている。経済に偏らず政治・産業・社会・国民生活・文化などバランスの取れた記述と、事件・事象の経済的背景がしばしば述べられるところが特徴である。

上巻から下巻途中(高成長前のいわゆる「戦後」)までが特に興味深いのは、それ以後の時期が「歴史」になりきっていなかったせいもあるかもしれない。とかく無味乾燥になりがちな学者風論述を避けるために、さまざまなエピソードや自らの体験を交えて読者の興味をつなごうとした努力も、第20回大佛次郎賞受賞の一因だったろう。社会に影響を与えた思想に再三、言及する試みも著者ならでは。索引とともに、その後の昭和史発掘本を読む際の資料としても便利である。(純)

[上] 東洋経済新報社 980円

  

[下] 東洋経済新報社 980円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。