昭和史 1926−45[上]/1945−89[下] 中村隆英著

昭和史 1926−45[上]/1945−89[下] 中村隆英著

昭和史ブームの先駆けとなった大著が文庫本として復刻された。20年近く経つが価値は減じていない。上巻では大正デモクラシー後から敗戦まで、下巻では占領から高度成長の終焉まで、日本経済史の第一人者ならではの重厚な論究がなされている。経済に偏らず政治・産業・社会・国民生活・文化などバランスの取れた記述と、事件・事象の経済的背景がしばしば述べられるところが特徴である。

上巻から下巻途中(高成長前のいわゆる「戦後」)までが特に興味深いのは、それ以後の時期が「歴史」になりきっていなかったせいもあるかもしれない。とかく無味乾燥になりがちな学者風論述を避けるために、さまざまなエピソードや自らの体験を交えて読者の興味をつなごうとした努力も、第20回大佛次郎賞受賞の一因だったろう。社会に影響を与えた思想に再三、言及する試みも著者ならでは。索引とともに、その後の昭和史発掘本を読む際の資料としても便利である。(純)

[上] 東洋経済新報社 980円

  

[下] 東洋経済新報社 980円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT