昭和史 1926−45[上]/1945−89[下] 中村隆英著

昭和史 1926−45[上]/1945−89[下] 中村隆英著

昭和史ブームの先駆けとなった大著が文庫本として復刻された。20年近く経つが価値は減じていない。上巻では大正デモクラシー後から敗戦まで、下巻では占領から高度成長の終焉まで、日本経済史の第一人者ならではの重厚な論究がなされている。経済に偏らず政治・産業・社会・国民生活・文化などバランスの取れた記述と、事件・事象の経済的背景がしばしば述べられるところが特徴である。

上巻から下巻途中(高成長前のいわゆる「戦後」)までが特に興味深いのは、それ以後の時期が「歴史」になりきっていなかったせいもあるかもしれない。とかく無味乾燥になりがちな学者風論述を避けるために、さまざまなエピソードや自らの体験を交えて読者の興味をつなごうとした努力も、第20回大佛次郎賞受賞の一因だったろう。社会に影響を与えた思想に再三、言及する試みも著者ならでは。索引とともに、その後の昭和史発掘本を読む際の資料としても便利である。(純)

[上] 東洋経済新報社 980円

  

[下] 東洋経済新報社 980円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT