パナソニックが2期続け赤字7000億円超

構造改革を断行


LED照明などの環境関連部門(エコソリューションズ社)は足もとはそれほど悪くない。太陽電池やリチウムイオン電池などのエナジー部門(エナジー社)は価格競争にさらされており、見通しは厳しさを増している。パナソニックの家庭用太陽電池「HIT」は高効率発電の特長を生かし、足もとではなんとか黒字を保っているが、今後は「デジタルコンシューマ事業以上の価格下落に見舞われ、セル単品だけで勝負できる市場が限定されて」(津賀社長)きた。

携帯電話などのシステム機器部門(システムコミュニケーションズ社)は、今期再進出した欧州でボーダフォンの採用が立ち消え、国内も年末商戦向けにフューチャーフォンが1機種採用されただけと厳しい状況が続いている。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。