パナソニックが2期続け赤字7000億円超

構造改革を断行


LED照明などの環境関連部門(エコソリューションズ社)は足もとはそれほど悪くない。太陽電池やリチウムイオン電池などのエナジー部門(エナジー社)は価格競争にさらされており、見通しは厳しさを増している。パナソニックの家庭用太陽電池「HIT」は高効率発電の特長を生かし、足もとではなんとか黒字を保っているが、今後は「デジタルコンシューマ事業以上の価格下落に見舞われ、セル単品だけで勝負できる市場が限定されて」(津賀社長)きた。

携帯電話などのシステム機器部門(システムコミュニケーションズ社)は、今期再進出した欧州でボーダフォンの採用が立ち消え、国内も年末商戦向けにフューチャーフォンが1機種採用されただけと厳しい状況が続いている。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。