バクチと自治体 三好円著

バクチと自治体 三好円著

地方競馬、競輪、競艇、オートレースは「公営ギャンブル」と呼ばれる地方自治体が主催している「バクチ」だ。戦後間もなく破たん寸前だった地方財政の財源として編み出され、その収益がなければ日本の復興は10年は遅れていたかもしれないと、フリーライターとして地方競馬の年史執筆に携わった著者は指摘する。しかしバブル崩壊後は売り上げも半減し、現在では税金によって救済される立場となり廃止が相次ぐ。

GHQの介入を乗り越えて庶民の娯楽として定着し、“胴元”の自治体に多額の収益をもたらした公営ギャンブル。知られざる歴史をひもとき、当初の役割を終えつつある中でのあり方を根本から問うユニークな社会史。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT