バクチと自治体 三好円著

バクチと自治体 三好円著

地方競馬、競輪、競艇、オートレースは「公営ギャンブル」と呼ばれる地方自治体が主催している「バクチ」だ。戦後間もなく破たん寸前だった地方財政の財源として編み出され、その収益がなければ日本の復興は10年は遅れていたかもしれないと、フリーライターとして地方競馬の年史執筆に携わった著者は指摘する。しかしバブル崩壊後は売り上げも半減し、現在では税金によって救済される立場となり廃止が相次ぐ。

GHQの介入を乗り越えて庶民の娯楽として定着し、“胴元”の自治体に多額の収益をもたらした公営ギャンブル。知られざる歴史をひもとき、当初の役割を終えつつある中でのあり方を根本から問うユニークな社会史。

集英社新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。