リンゴが教えてくれたこと 木村秋則著

リンゴが教えてくれたこと 木村秋則著

著者は、無農薬・無肥料でのリンゴ栽培で一躍有名になった人物。どん底の生活、周囲の白い目、10年近くに及ぶ無収穫と、その道は苦難の連続だったが、執念でリンゴを実らせることに成功。今では、その独自の農法を米や野菜へ広げるとともに、ノウハウの伝授にも尽力している。

農薬や肥料に頼りすぎる現在の農法は、効率を重視するあまり土壌のバランスを崩しているという。食の安全が叫ばれる中、日本の農業のあり方に警鐘を鳴らすとともに、自然栽培の重要性を説く。

安全と言われる新JAS法に基づいてつくられた野菜よりも、著者の自然栽培でつくられた野菜の方が、はるかに腐るのが遅いという実験結果も衝撃的である。

日経プレミアシリーズ 893円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。