リンゴが教えてくれたこと 木村秋則著

リンゴが教えてくれたこと 木村秋則著

著者は、無農薬・無肥料でのリンゴ栽培で一躍有名になった人物。どん底の生活、周囲の白い目、10年近くに及ぶ無収穫と、その道は苦難の連続だったが、執念でリンゴを実らせることに成功。今では、その独自の農法を米や野菜へ広げるとともに、ノウハウの伝授にも尽力している。

農薬や肥料に頼りすぎる現在の農法は、効率を重視するあまり土壌のバランスを崩しているという。食の安全が叫ばれる中、日本の農業のあり方に警鐘を鳴らすとともに、自然栽培の重要性を説く。

安全と言われる新JAS法に基づいてつくられた野菜よりも、著者の自然栽培でつくられた野菜の方が、はるかに腐るのが遅いという実験結果も衝撃的である。

日経プレミアシリーズ 893円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。