リンゴが教えてくれたこと 木村秋則著

リンゴが教えてくれたこと 木村秋則著

著者は、無農薬・無肥料でのリンゴ栽培で一躍有名になった人物。どん底の生活、周囲の白い目、10年近くに及ぶ無収穫と、その道は苦難の連続だったが、執念でリンゴを実らせることに成功。今では、その独自の農法を米や野菜へ広げるとともに、ノウハウの伝授にも尽力している。

農薬や肥料に頼りすぎる現在の農法は、効率を重視するあまり土壌のバランスを崩しているという。食の安全が叫ばれる中、日本の農業のあり方に警鐘を鳴らすとともに、自然栽培の重要性を説く。

安全と言われる新JAS法に基づいてつくられた野菜よりも、著者の自然栽培でつくられた野菜の方が、はるかに腐るのが遅いという実験結果も衝撃的である。

日経プレミアシリーズ 893円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT