日銀を知れば経済がわかる 池上彰著

日銀を知れば経済がわかる 池上彰著

景気、物価の安定のために、日銀は金利や貨幣量をコントロールする。日銀が金利を引き上げたり、引き下げたり、景気の先行きを占う「日銀短観」が発表されたりするたびに、株価が上下し、円相場が上下する。日銀は、景気の動向を見るだけでなく、「市場の期待」まで考慮しながら判断していかなければならない宿命を背負っている。その場合、「市場の受け止め方」が間違ってしまわないように、あらかじめ市場と「対話」を重ね、日銀の望む「市場の期待」を形成するというコミュニケーション能力も問われる。

紙幣を発行するだけではない日銀の仕事、金融の仕組み、さらに経済の仕組みを、「伝えることの達人」の著者がわかりやすく解説する。

平凡社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。