日銀を知れば経済がわかる 池上彰著

日銀を知れば経済がわかる 池上彰著

景気、物価の安定のために、日銀は金利や貨幣量をコントロールする。日銀が金利を引き上げたり、引き下げたり、景気の先行きを占う「日銀短観」が発表されたりするたびに、株価が上下し、円相場が上下する。日銀は、景気の動向を見るだけでなく、「市場の期待」まで考慮しながら判断していかなければならない宿命を背負っている。その場合、「市場の受け止め方」が間違ってしまわないように、あらかじめ市場と「対話」を重ね、日銀の望む「市場の期待」を形成するというコミュニケーション能力も問われる。

紙幣を発行するだけではない日銀の仕事、金融の仕組み、さらに経済の仕組みを、「伝えることの達人」の著者がわかりやすく解説する。

平凡社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。