日銀を知れば経済がわかる 池上彰著

拡大
縮小
日銀を知れば経済がわかる 池上彰著

景気、物価の安定のために、日銀は金利や貨幣量をコントロールする。日銀が金利を引き上げたり、引き下げたり、景気の先行きを占う「日銀短観」が発表されたりするたびに、株価が上下し、円相場が上下する。日銀は、景気の動向を見るだけでなく、「市場の期待」まで考慮しながら判断していかなければならない宿命を背負っている。その場合、「市場の受け止め方」が間違ってしまわないように、あらかじめ市場と「対話」を重ね、日銀の望む「市場の期待」を形成するというコミュニケーション能力も問われる。

紙幣を発行するだけではない日銀の仕事、金融の仕組み、さらに経済の仕組みを、「伝えることの達人」の著者がわかりやすく解説する。

平凡社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT