ルポ 医療事故 出河雅彦著

ルポ 医療事故 出河雅彦著

なぜ医療事故は起きるのか。この10年間の九つの事故を選び出し、医療担当新聞記者が調査報道をベースに真実に迫る。病院が自らの調査結果を遺族にすら開示しようとしなかったケースがある。その一方で、被害者と真摯に向き合い、社会への説明責任を果たして、医療の質の向上に取り組んだ病院もある。

警察による捜査は閉鎖的な医療界に風穴を開け、その体質改善を促した点で一定の役割を果たす。医療事故に限らず、死因を究明する制度が未整備で、その結果として、事故や事件の被害者が「病死」として扱われてしまう現実も浮き彫りにされる。

ルポが示した現実は、「検証の文化」を育み社会に根付かせる努力を促している。

朝日新書 903円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。