ルポ 雇用劣化不況 竹信三恵子著

ルポ 雇用劣化不況 竹信三恵子著

「働き手の疲弊はいまや日本の企業の現場そのものを揺るがし、経済の足さえ引っ張っている」。この問題意識に基づいて新聞連載「現場が壊れる」を再構成したルポ集。

「足もとがふわふわする」。これは早期退職を勧告された40歳代の女性研究職の苦しみの声だ。「派遣切り」「早期退職」「労災」「名ばかり正社員」に直面した人々の生の姿を通じて、「人件費削減頼みの経営が行き詰まりつつある」という現実が示される。

「自分が悪い」と落ち込む人が少なくないが、著者によればあらゆる会社の現場に「劣化している」現実がある。一気の解決は難しいが、より「まし」な方法を求めて、現場で丹念な話し合いを始めることが、第一歩と訴える。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。