ルポ 雇用劣化不況 竹信三恵子著

ルポ 雇用劣化不況 竹信三恵子著

「働き手の疲弊はいまや日本の企業の現場そのものを揺るがし、経済の足さえ引っ張っている」。この問題意識に基づいて新聞連載「現場が壊れる」を再構成したルポ集。

「足もとがふわふわする」。これは早期退職を勧告された40歳代の女性研究職の苦しみの声だ。「派遣切り」「早期退職」「労災」「名ばかり正社員」に直面した人々の生の姿を通じて、「人件費削減頼みの経営が行き詰まりつつある」という現実が示される。

「自分が悪い」と落ち込む人が少なくないが、著者によればあらゆる会社の現場に「劣化している」現実がある。一気の解決は難しいが、より「まし」な方法を求めて、現場で丹念な話し合いを始めることが、第一歩と訴える。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。