ルポ 雇用劣化不況 竹信三恵子著

ルポ 雇用劣化不況 竹信三恵子著

「働き手の疲弊はいまや日本の企業の現場そのものを揺るがし、経済の足さえ引っ張っている」。この問題意識に基づいて新聞連載「現場が壊れる」を再構成したルポ集。

「足もとがふわふわする」。これは早期退職を勧告された40歳代の女性研究職の苦しみの声だ。「派遣切り」「早期退職」「労災」「名ばかり正社員」に直面した人々の生の姿を通じて、「人件費削減頼みの経営が行き詰まりつつある」という現実が示される。

「自分が悪い」と落ち込む人が少なくないが、著者によればあらゆる会社の現場に「劣化している」現実がある。一気の解決は難しいが、より「まし」な方法を求めて、現場で丹念な話し合いを始めることが、第一歩と訴える。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。