自治 シリーズ 後藤新平とは何か 後藤新平著

自治 シリーズ 後藤新平とは何か 後藤新平著

後藤新平の提唱した行動原理に「自治の三訣」がある。「人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そしてむくいを求めぬよう」というもの。後藤はこの三訣を、個人から地域や各種組織、さらに地方自治、国家のあり方まで通ずる原理として提唱している。

生誕150年余、没後80年の後藤は、医学者として出発し、のちに行政官を経て政治家として、明治から昭和初期にかけ、幾多の業績を上げた。著作も膨大にあり、その「思想」は現代性を失っていないといわれつつも、分野が多岐にわたるだけに、その本質をつかみ取るのは難しかった。

本書は、そのキー概念を軸に論考を整理したシリーズの第1作。「自治」を考えるのに好適な主要な論考に加えて、それに基づく現代の識者による寄稿が理解を助けてくれる。なかでも、東京市政刷新を唱導、関東大震災後の復興計画を策定しただけに、地方自治のあり方を再考するのに格好の礎材を提供してくれる。

藤原書店 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。