自治 シリーズ 後藤新平とは何か 後藤新平著

自治 シリーズ 後藤新平とは何か 後藤新平著

後藤新平の提唱した行動原理に「自治の三訣」がある。「人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そしてむくいを求めぬよう」というもの。後藤はこの三訣を、個人から地域や各種組織、さらに地方自治、国家のあり方まで通ずる原理として提唱している。

生誕150年余、没後80年の後藤は、医学者として出発し、のちに行政官を経て政治家として、明治から昭和初期にかけ、幾多の業績を上げた。著作も膨大にあり、その「思想」は現代性を失っていないといわれつつも、分野が多岐にわたるだけに、その本質をつかみ取るのは難しかった。

本書は、そのキー概念を軸に論考を整理したシリーズの第1作。「自治」を考えるのに好適な主要な論考に加えて、それに基づく現代の識者による寄稿が理解を助けてくれる。なかでも、東京市政刷新を唱導、関東大震災後の復興計画を策定しただけに、地方自治のあり方を再考するのに格好の礎材を提供してくれる。

藤原書店 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。