大変! 大武健一郎著

大変! 大武健一郎著

書名の「大変」は「大変だ」より「大きな変化」の意味だという。目先の金融ショックもさることながら、著者の目はもっと中長期の変化に向けられる。日本の3大変化として言及されるのは「グローバル化、超高齢化、環境・資源制約」でいずれもこれから本番である。

しかし、類書のように日本の将来真っ暗などという話はまるでない。欧米については厳しい将来見通しが語られるが、日本については、伝統、感性、技術観、中小企業、消費者がないまぜになって世界に例を見ないモノづくり大国となっていることにもっと自信を持つべきだ、という主張には説得力がある。

世界が注目する「クールジャパン」の数々にも読者は元気をもらえるだろう。そして終章では、税制、会計制度、高齢者の生き甲斐など現実的かつ効果的な提案があって、官民努力すれば突破口は切り開かれるはずだと納得させられる。全編にわたり具体例が豊富で読みやすい点もいい。(純)

かんき出版 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT