大変! 大武健一郎著

大変! 大武健一郎著

書名の「大変」は「大変だ」より「大きな変化」の意味だという。目先の金融ショックもさることながら、著者の目はもっと中長期の変化に向けられる。日本の3大変化として言及されるのは「グローバル化、超高齢化、環境・資源制約」でいずれもこれから本番である。

しかし、類書のように日本の将来真っ暗などという話はまるでない。欧米については厳しい将来見通しが語られるが、日本については、伝統、感性、技術観、中小企業、消費者がないまぜになって世界に例を見ないモノづくり大国となっていることにもっと自信を持つべきだ、という主張には説得力がある。

世界が注目する「クールジャパン」の数々にも読者は元気をもらえるだろう。そして終章では、税制、会計制度、高齢者の生き甲斐など現実的かつ効果的な提案があって、官民努力すれば突破口は切り開かれるはずだと納得させられる。全編にわたり具体例が豊富で読みやすい点もいい。(純)

かんき出版 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。