大変! 大武健一郎著

大変! 大武健一郎著

書名の「大変」は「大変だ」より「大きな変化」の意味だという。目先の金融ショックもさることながら、著者の目はもっと中長期の変化に向けられる。日本の3大変化として言及されるのは「グローバル化、超高齢化、環境・資源制約」でいずれもこれから本番である。

しかし、類書のように日本の将来真っ暗などという話はまるでない。欧米については厳しい将来見通しが語られるが、日本については、伝統、感性、技術観、中小企業、消費者がないまぜになって世界に例を見ないモノづくり大国となっていることにもっと自信を持つべきだ、という主張には説得力がある。

世界が注目する「クールジャパン」の数々にも読者は元気をもらえるだろう。そして終章では、税制、会計制度、高齢者の生き甲斐など現実的かつ効果的な提案があって、官民努力すれば突破口は切り開かれるはずだと納得させられる。全編にわたり具体例が豊富で読みやすい点もいい。(純)

かんき出版 1575円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。