松本清張を推理する 阿刀田高著

拡大
縮小
松本清張を推理する 阿刀田高著

今年生誕100年を迎えた作家・松本清張。同じく作家である著者がその小説作法の秘密に迫った。

著者はミステリーを、清張登場以前は探偵小説、清張以後が推理小説と分けている。探偵小説がプロットの巧妙さや探偵の超人的推理に主眼を置くものだとすれば、推理小説は犯罪の動機やその社会性、あるいは人間ドラマを重視したものだと説く。この画期的な転換を果たしたのが、清張をもって嚆矢とする。

「点と線」「ゼロの焦点」「砂の器」など、代表作を一つひとつ丁寧に例証しながら、作家が何にインスピレーションを得、どんな試行錯誤のもとに物語を構築しえるのかを、同業者ならではの苦悩も含めて解説している。

朝日新書 777円

Amazonを見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT