きゃりーぱみゅぱみゅを起用、ユニクロの停滞補うジーユー

これらのイメージ刷新に、「ゆるパン」、「マキシワンピース」などヒット商品も生まれ、前12年8月期は既存店売上高が35%増と大躍進。売上高は約580億円と当初13年8月期の目標として据えていた売上高500億円の目標を1年前倒しで達成した。

2020年に売上高5兆円を目指すファーストリテイリングだが、主力の国内ユニクロ事業は春以降の失速が響き、前期の既存店売上高は前期比0.5%減。出店も大型店や移転建て替えが中心となり、純増数は2店にとどまるなど停滞ぎみだ。「ファーストリテイリングの成長はジーユーが引っ張る」とジーユーの柚木治社長は意気込む。壮大なグループ目標達成には、ジーユーの急拡大が欠かせないといえそうだ。

(鈴木 良英 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。