ソフトバンクグループ、O2O市場ナンバーワンを狙う孫社長の新たな野望(前編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命》


喜多埜氏は、ビッグデータの活用まで視野に置いてみせる。O2O市場でナンバーワンを取るためには欠かせない要素の1つと見ているのだろう。

日本のO2O市場で圧倒的ナンバーワンを取る。オンラインでもオフラインでも1つのアカウントで決済ができ、すべての買い物ができるようになる。これこそが、孫氏が描くO2Oでの究極の野望だという。

孫氏は、常々「関所ビジネス」をやりたいと標榜していた。関所を通過することで、おカネが落ちていく仕組みを作る。24時間365日。究極の儲かる仕組みだ。「PayPal Japan」で、オンライン・オフラインの両方で決済ナンバーワンを取れば、これはまさに関所ビジネスの典型だ。

孫氏は、つねに新しいIT革命を先頭に立って切り開いてきた。

Yahoo! JAPANの設立、Yahoo!BBによるブロードバンドの普及、ボーダフォン買収で携帯電話事業に参入、iPhoneやiPadの大ヒット、といったように、現状の枠組みやしがらみにとらわれず、つねに新しいビジネスに挑戦し、勝負し続けてきている。

孫氏は、「勝率7割で勝負してナンバーワンを取る」とよく言う。

PayPal JapanやO2Oビジネスについても同様なのか。

「そう思う。むしろもっと勝率高くいかないとまずい分野だ」と喜多埜氏は、力を込める。

喜多埜氏自身の掲げる目標も高い。

今後2年間で、PayPal Japanとして、単独ビジネスの営業の単月黒字転換を目標にするという。まさに他の企業の追随を許さないスピード感だ。

ソフトバンクグループの掲げるO2O市場での圧倒的ナンバーワンは、どのように実現していくのか。後編では実践編として、より具体的な施策に踏み込んでいこう。

(ITアナリスト・松浦由美子 撮影:尾形文繁、引地信彦 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。