シュミット元西独首相が死去、通貨ユーロ誕生の道開く

通貨ユーロ誕生の道開く

[ベルリン 10日 ロイター] - 旧西ドイツの首相を務めたヘルムート・シュミット氏が10日、死去した。96歳だった。シュミット氏は冷戦さなかの1974─85年に西ドイツ(当時)の首相を務め、ジスカールデスタン仏大統領(当時)とともに欧州通貨制度(EMS)の構築に取り組み、欧州単一通貨ユーロ誕生の道を切り開いた。

メルケル独首相はシュミット氏について、今もその決定が影響力を持ち続ける国際協力の立役者と称賛。

オランド仏大統領は「偉大なドイツの政治家が逝った。かれは、非常に困難なときに国を率い、経済的安定に導いた」と述べ、通貨ユーロが存在するのはシュミット氏のおかげと語った。

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、シュミット氏を「真のヨーロッパ人」であり「洞察力のあるエコノミスト」とたたえた。

*カテゴリーを変更して再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT