シュミット元西独首相が死去、通貨ユーロ誕生の道開く

通貨ユーロ誕生の道開く

[ベルリン 10日 ロイター] - 旧西ドイツの首相を務めたヘルムート・シュミット氏が10日、死去した。96歳だった。シュミット氏は冷戦さなかの1974─85年に西ドイツ(当時)の首相を務め、ジスカールデスタン仏大統領(当時)とともに欧州通貨制度(EMS)の構築に取り組み、欧州単一通貨ユーロ誕生の道を切り開いた。

メルケル独首相はシュミット氏について、今もその決定が影響力を持ち続ける国際協力の立役者と称賛。

オランド仏大統領は「偉大なドイツの政治家が逝った。かれは、非常に困難なときに国を率い、経済的安定に導いた」と述べ、通貨ユーロが存在するのはシュミット氏のおかげと語った。

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、シュミット氏を「真のヨーロッパ人」であり「洞察力のあるエコノミスト」とたたえた。

*カテゴリーを変更して再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。