中央三井系が不正取引 増資めぐる疑惑にメス

今回の問題は根深い。運用担当者が情報を入手した相手が、証券会社の営業担当者だったからだ。引受部門と完全に情報が遮断されているはずの営業担当者が、なぜ増資の事実を知っており、外部に漏らしたのか。

監視委によると、野村証券、ゴールドマン・サックス、みずほ証券、JPモルガンの主幹事4社のうち、情報を流したのは1社。個社名は公表しなかったが、“答え”はその日のうちに出た。課徴金勧告を受け、野村が自ら「誠に遺憾であり、引き続き、当社は当局の調査に全面的に協力してまいります」とコメントを発表した。関与がなければ、こうしたリリースを出す必要はないはずだ。

近年、増資前に内部情報を利用した不公正な株取引が行われているとの情報が当局に寄せられており、監視委が重点的な調査をする中で、法令違反が突き止められた。監視委は「この事案で取り組みが終わったわけではない。幅広く調査している」と強調する。増資に絡む不正が氷山の一角だとすれば、日本株市場の信頼を揺るがす事態に発展する可能性もある。

(井下健悟 =週刊東洋経済2012年3月31日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。