世界の陰謀論を読み解く ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ 辻隆太朗著

世界の陰謀論を読み解く ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ 辻隆太朗著

いつの時代、どんな地域でも、陰謀論は絶えず語られ続けてきた。秘密結社「フリーメーソン」、ユダヤ陰謀論の源流「シオン賢者の議定書」、日本の世界征服論「田中上奏文」など、歴史上に現れた陰謀論の数々を俎上に載せながら、なぜ人々が陰謀論にとらわれるのか、なぜ絶えることがないのか、その背景を宗教学者が検証していく。

陰謀論を唱える者は、それを否定する証拠は捏造でしかないと論じるため、陰謀論への反駁はすべてが不当なものとされる。こうしたある種の無謬性が、陰謀論を論破することを不可能にしているという。否定することが陰謀論をさらに強固にしていくというジレンマなどは、偏執的な人間の怖さをも感じさせる。

講談社現代新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。