世界の陰謀論を読み解く ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ 辻隆太朗著

世界の陰謀論を読み解く ユダヤ・フリーメーソン・イルミナティ 辻隆太朗著

いつの時代、どんな地域でも、陰謀論は絶えず語られ続けてきた。秘密結社「フリーメーソン」、ユダヤ陰謀論の源流「シオン賢者の議定書」、日本の世界征服論「田中上奏文」など、歴史上に現れた陰謀論の数々を俎上に載せながら、なぜ人々が陰謀論にとらわれるのか、なぜ絶えることがないのか、その背景を宗教学者が検証していく。

陰謀論を唱える者は、それを否定する証拠は捏造でしかないと論じるため、陰謀論への反駁はすべてが不当なものとされる。こうしたある種の無謬性が、陰謀論を論破することを不可能にしているという。否定することが陰謀論をさらに強固にしていくというジレンマなどは、偏執的な人間の怖さをも感じさせる。

講談社現代新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。