物語 近現代ギリシャの歴史 独立戦争からユーロ危機まで 村田奈々子著

物語 近現代ギリシャの歴史 独立戦争からユーロ危機まで 村田奈々子著

EUのお荷物でしかない怠惰なギリシャ人──。本当にそんなに単純で能天気な人々なのだろうか。

オスマン帝国からの独立後、ギリシャ人は、偉大すぎる過去に加え、列強諸国の思惑に翻弄されてきた。1981年、ECの正式加盟国になり、その後、「ギリシャ人のためのギリシャ」「特権なき人々のための政治の実現」の2大政治スローガンを掲げ、変革を進める。そして2001年にユーロを導入。GDP比の財政赤字は00年に1%まで低下したはずだった。ところが、09年見通しの粉飾発覚とともに、過去にさかのぼり相次いで修正に追い込まれる。

ヨーロッパ文明を開いた過去に振り回されるギリシャの近現代150年を振り返る。

中公新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。