物語 近現代ギリシャの歴史 独立戦争からユーロ危機まで 村田奈々子著

物語 近現代ギリシャの歴史 独立戦争からユーロ危機まで 村田奈々子著

EUのお荷物でしかない怠惰なギリシャ人──。本当にそんなに単純で能天気な人々なのだろうか。

オスマン帝国からの独立後、ギリシャ人は、偉大すぎる過去に加え、列強諸国の思惑に翻弄されてきた。1981年、ECの正式加盟国になり、その後、「ギリシャ人のためのギリシャ」「特権なき人々のための政治の実現」の2大政治スローガンを掲げ、変革を進める。そして2001年にユーロを導入。GDP比の財政赤字は00年に1%まで低下したはずだった。ところが、09年見通しの粉飾発覚とともに、過去にさかのぼり相次いで修正に追い込まれる。

ヨーロッパ文明を開いた過去に振り回されるギリシャの近現代150年を振り返る。

中公新書 903円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。