官報複合体 牧野洋著

官報複合体 牧野洋著

「人事と合併を抜け」。経済紙の新人記者が先輩から教えられる鉄則の一つだ。ところが、これはピュリッツァー賞の受賞理由には該当しない。ダイムラークライスラーの誕生(2007年合併解消)という「世紀の合併スクープ」も無視された。それは日本でもてはやされる「発表報道の先取り」にすぎないからだ。

米国では、埋もれたニュースを掘り起し、世の中を大きく変えるほどのインパクトを与える報道が評価される。「ガラパゴス化の道をたどり続ける日本の大メディア」の場合は、「権力側の情報をそのまま垂れ流す」発表報道がメインなだけ、その先取りに価値が置かれるというのだ。

今や世界で活字メディアの苦戦が顕著だが、「メディア間で競争さえあれば、質の高い調査報道は今後も生まれる」としても、記者クラブ制をはじめ競争の前提に欠ける日本では、権力と一体化する新聞の苦悩はそう簡単に解消しそうもないと本書は教える。

講談社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。