ハーバードビジネススクールが教えてくれたこと、教えてくれなかったこと 起業した卒業生3人の10年間 ビル・マーフィー・ジュニア著/藤原朝子訳 ~悪戦苦闘の起業物語をさわやかに描く

ハーバードビジネススクールが教えてくれたこと、教えてくれなかったこと 起業した卒業生3人の10年間 ビル・マーフィー・ジュニア著/藤原朝子訳 ~悪戦苦闘の起業物語をさわやかに描く

評者 津田倫男 フレームワーク・マネジメント代表取締役

評者は、米国のビジネススクール(以下BS)の卒業生(ハーバードではない)ではあるが、BSに行ったから成功した式の物語は評価しない。ところが本書は別格だ。起業の成功は、学校の成績や履修内容とはさほど関係ないことを3人の実例から説得力十分に著述する。

そもそも著者がこの3人を選んだ基準が面白い。「成功している」(年商が5000万ドル以上、個人報酬が2000万ドル以上)、「長期間続いている」(5年から10年で判定)は当然として、「正直である」(失敗も隠さず開示)という要素を必須とし、100人以上の候補者から絞り込んだ。

主人公3人の生い立ちや志向はそれぞれ違う。マーラ・マルコームは起業家を目指しながらコンサルタントになり、クリス・マイケルは軍勤務を経て、マーク・セネデラは投資家から起業家になった。いずれも成功したと思いきや、一転して危機が訪れ、その後も苦難が起きる。

それぞれが選んだ化粧品、軍関係者用サイト、就職サイトのビジネスを巡るピンチが三者三様に出現する。彼らが組んだパートナーも少しずつ入れ替わる。これはリアルだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。