政府は必ず嘘をつく 堤未果著

政府は必ず嘘をつく 堤未果著

3・11の東日本大震災以降、政府やマスコミに対する国民の不信感は増すばかりだ。米国と日本を行き来して取材活動を続ける著者は、不安を抱えた今の日本で前に進むためのヒントが、米国の「失われた10年」にあると言う。9・11の同時多発テロ以降、過激な市場原理主義「ショック・ドクトリン」によって貧困格差が拡大している米国でも、政府を、マスコミを信じすぎたせいで多くのものを失ったと指摘する。

政府はウソをつくもの。だからこそ、一つの情報を鵜呑みにせず、多角的に集めて比較し、過去も参照して、自分自身で結論を出すことが大切になってくる。自らが考え、行動し、真実を見抜く目を持つことの意義を問いかける。

角川SSC新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。