政府は必ず嘘をつく 堤未果著

政府は必ず嘘をつく 堤未果著

3・11の東日本大震災以降、政府やマスコミに対する国民の不信感は増すばかりだ。米国と日本を行き来して取材活動を続ける著者は、不安を抱えた今の日本で前に進むためのヒントが、米国の「失われた10年」にあると言う。9・11の同時多発テロ以降、過激な市場原理主義「ショック・ドクトリン」によって貧困格差が拡大している米国でも、政府を、マスコミを信じすぎたせいで多くのものを失ったと指摘する。

政府はウソをつくもの。だからこそ、一つの情報を鵜呑みにせず、多角的に集めて比較し、過去も参照して、自分自身で結論を出すことが大切になってくる。自らが考え、行動し、真実を見抜く目を持つことの意義を問いかける。

角川SSC新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT