政府は必ず嘘をつく 堤未果著

政府は必ず嘘をつく 堤未果著

3・11の東日本大震災以降、政府やマスコミに対する国民の不信感は増すばかりだ。米国と日本を行き来して取材活動を続ける著者は、不安を抱えた今の日本で前に進むためのヒントが、米国の「失われた10年」にあると言う。9・11の同時多発テロ以降、過激な市場原理主義「ショック・ドクトリン」によって貧困格差が拡大している米国でも、政府を、マスコミを信じすぎたせいで多くのものを失ったと指摘する。

政府はウソをつくもの。だからこそ、一つの情報を鵜呑みにせず、多角的に集めて比較し、過去も参照して、自分自身で結論を出すことが大切になってくる。自らが考え、行動し、真実を見抜く目を持つことの意義を問いかける。

角川SSC新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。