政権交代とは何だったのか 山口二郎著

政権交代とは何だったのか 山口二郎著

同時代の政治を論評し続ける政治学者が、民主党による政権交代から現在の野田政権までを総括した。政権交代によって何が変わり、何が変わらなかったのか、そこから見えてきた新たな問題を詳細に検証している。

著者は、国民の手によって政権を入れ替えた結果起こった変化については、一定の評価をしている。しかし、自民党政治の終わりという目的を達した今、民主党がどんな政策理念の下にこの国を動かそうとしているのかがまったく見えないことに、国民の大きな不幸があるとも説く。

そのうえで、政治家に理念と現実主義を兼ね備えることを求め、東日本大震災以降の日本の政治を立て直す方策を提言する。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。