政治主導 官僚制を問いなおす 新藤宗幸著

政治主導 官僚制を問いなおす 新藤宗幸著

「官僚主導から政治主導へ」の掛け声の下、政権を奪取した民主党だが、その政権は機能マヒに陥っている。

すぐに喝采から失望に変わらざるをえなかったのは、支持率だけが頼りの理念先行、思いつき政治に終始したからだ。内輪モメを繰り返し、その結果、経済回復は見込めず、東日本大震災への対応でちぐはぐさは極まった。

真の政治主導はどうすれば実現できるか。官僚制は政権より個別利益に向くメカニズムであり、政官連携と権限・責任の明確化に向け、その公務員制の原則をいかに改革するかにかかるという。

政策決定のプロセスから人事システムまで、行政学者が現状を整理・総点検し、官僚制の革新を考える。

ちくま新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。