政治主導 官僚制を問いなおす 新藤宗幸著

政治主導 官僚制を問いなおす 新藤宗幸著

「官僚主導から政治主導へ」の掛け声の下、政権を奪取した民主党だが、その政権は機能マヒに陥っている。

すぐに喝采から失望に変わらざるをえなかったのは、支持率だけが頼りの理念先行、思いつき政治に終始したからだ。内輪モメを繰り返し、その結果、経済回復は見込めず、東日本大震災への対応でちぐはぐさは極まった。

真の政治主導はどうすれば実現できるか。官僚制は政権より個別利益に向くメカニズムであり、政官連携と権限・責任の明確化に向け、その公務員制の原則をいかに改革するかにかかるという。

政策決定のプロセスから人事システムまで、行政学者が現状を整理・総点検し、官僚制の革新を考える。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。