「ヤミツキ」の力 廣中直行、遠藤智樹著

「ヤミツキ」の力 廣中直行、遠藤智樹著

何かに熱中してやめられないことを「病みつき」になるという。薬物依存などは、ヤミツキのネガティブな面だが、逆に、長距離ランナーが走っているうちに疲労感が爽快感に変わるといわれる「ランナーズ・ハイ」などは、ヤミツキのポジティブな面である。本書では、そうした側面に注目している。

一つのことに精進することで、スポーツ選手や芸術家や職人などは、優れたパフォーマンスを発揮する。なぜ、人はヤミツキになるのか。心理学・薬理学の専門家と、アニメやゲームにヤミツキになっているというライターが、社会心理学の観点から、そのメカニズムを分析しつつ、物事にヤミツキになることは人生を豊かにすると説く。

光文社新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?