「ヤミツキ」の力 廣中直行、遠藤智樹著

「ヤミツキ」の力 廣中直行、遠藤智樹著

何かに熱中してやめられないことを「病みつき」になるという。薬物依存などは、ヤミツキのネガティブな面だが、逆に、長距離ランナーが走っているうちに疲労感が爽快感に変わるといわれる「ランナーズ・ハイ」などは、ヤミツキのポジティブな面である。本書では、そうした側面に注目している。

一つのことに精進することで、スポーツ選手や芸術家や職人などは、優れたパフォーマンスを発揮する。なぜ、人はヤミツキになるのか。心理学・薬理学の専門家と、アニメやゲームにヤミツキになっているというライターが、社会心理学の観点から、そのメカニズムを分析しつつ、物事にヤミツキになることは人生を豊かにすると説く。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT