「ヤミツキ」の力 廣中直行、遠藤智樹著

「ヤミツキ」の力 廣中直行、遠藤智樹著

何かに熱中してやめられないことを「病みつき」になるという。薬物依存などは、ヤミツキのネガティブな面だが、逆に、長距離ランナーが走っているうちに疲労感が爽快感に変わるといわれる「ランナーズ・ハイ」などは、ヤミツキのポジティブな面である。本書では、そうした側面に注目している。

一つのことに精進することで、スポーツ選手や芸術家や職人などは、優れたパフォーマンスを発揮する。なぜ、人はヤミツキになるのか。心理学・薬理学の専門家と、アニメやゲームにヤミツキになっているというライターが、社会心理学の観点から、そのメカニズムを分析しつつ、物事にヤミツキになることは人生を豊かにすると説く。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。