科学と宗教と死 加賀乙彦著

科学と宗教と死 加賀乙彦著

1929年に生まれ、太平洋戦争で犠牲になった人々の死を間近に見、自身も兵隊となり戦場に出て、20歳までには死ぬと覚悟をしていたという著者。戦後、精神科医となり拘置所の医務技官として、ある死刑囚と出会ったことが、死生観を一変させる。彼との交流から心理学の限界を感じ、やがて洗礼を受けてキリスト教信者となる。その人生において、つねに頭を離れなかったのは、「死」についての思索であったという。

生ける者は等しく死ぬのに現代社会は死を遠ざけようと必死である。金銭や経済だけでは人は幸せにはなれない。死とどう向き合い、どう受け入れるのか。著者の「死」についての思索の集大成になっている。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT