反・幸福論 佐伯啓思著

反・幸福論 佐伯啓思著

権利や豊かさ、便利さを追求し、「幸せになるべき」と刻苦勉励してきた日本人が、今や不幸の底に堕ちている。

近代社会は、「皆が平等に幸福になる権利」を原則としてきた。だから、「自分は人並みに幸福でなければいけない」と思い込み、幸福の基準を他人と比べてしまう。

日本の伝統的精神の中には、人の幸福ははかないものとして、むしろ幸福であることを否定するところがあった。少なくとも、現世的で世俗的で利己的な幸福を捨てるところに真の幸せがあるという思考だ。かつての日本人がどうしてそう考えたのか、思い出してみたいと著者はいう。

抑制された筆致の中に、日本人の禍福の真理が詰め込まれている。

新潮新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT