じゃ、やってみれば 阿部秀司著

じゃ、やってみれば 阿部秀司著

当初3人で船出したCMプランニング会社が、4半世紀の間に、興行収入10億円を超すヒット映画を20本以上“量産”するクリエーティブプロダクションに成長。著者は、その映像制作会社ROBOTの創業者である。

映画第1作『Love Letter』は岩井俊二監督のデビュー作、第2作が後に『踊る大捜査線』でブレークする本広克行監督。さらに『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督を発掘し……。もちろん失敗作もあったが、多くの幸運に恵まれる。それも、「『運』とは、偶然ではなく、その人の努力の積み重ねによってもたらされる必然の産物」なのだという。

本書は、映画・映像プロデューサーとして数々のヒットを世に送り出してきた著者の酸いも甘いもある「人生訓集」。「ヒットの方程式」はないとはいえ、「強い意志」「素早い行動」「ちょっとしたチャンス」があれば、成功に限りなく近づけることを教えてくれる。

日本実業出版社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT