じゃ、やってみれば 阿部秀司著

じゃ、やってみれば 阿部秀司著

当初3人で船出したCMプランニング会社が、4半世紀の間に、興行収入10億円を超すヒット映画を20本以上“量産”するクリエーティブプロダクションに成長。著者は、その映像制作会社ROBOTの創業者である。

映画第1作『Love Letter』は岩井俊二監督のデビュー作、第2作が後に『踊る大捜査線』でブレークする本広克行監督。さらに『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督を発掘し……。もちろん失敗作もあったが、多くの幸運に恵まれる。それも、「『運』とは、偶然ではなく、その人の努力の積み重ねによってもたらされる必然の産物」なのだという。

本書は、映画・映像プロデューサーとして数々のヒットを世に送り出してきた著者の酸いも甘いもある「人生訓集」。「ヒットの方程式」はないとはいえ、「強い意志」「素早い行動」「ちょっとしたチャンス」があれば、成功に限りなく近づけることを教えてくれる。

日本実業出版社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。