じゃ、やってみれば 阿部秀司著

じゃ、やってみれば 阿部秀司著

当初3人で船出したCMプランニング会社が、4半世紀の間に、興行収入10億円を超すヒット映画を20本以上“量産”するクリエーティブプロダクションに成長。著者は、その映像制作会社ROBOTの創業者である。

映画第1作『Love Letter』は岩井俊二監督のデビュー作、第2作が後に『踊る大捜査線』でブレークする本広克行監督。さらに『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督を発掘し……。もちろん失敗作もあったが、多くの幸運に恵まれる。それも、「『運』とは、偶然ではなく、その人の努力の積み重ねによってもたらされる必然の産物」なのだという。

本書は、映画・映像プロデューサーとして数々のヒットを世に送り出してきた著者の酸いも甘いもある「人生訓集」。「ヒットの方程式」はないとはいえ、「強い意志」「素早い行動」「ちょっとしたチャンス」があれば、成功に限りなく近づけることを教えてくれる。

日本実業出版社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT