ウォールストリート トッド・ハリソン著/酒井泰介訳

ウォールストリート トッド・ハリソン著/酒井泰介訳

ウォール街の内幕物でありながら心の内側にも光を当て、祖父や父親との愛憎も含めた人間としての生き方に繰り返し立ち返る半生記。モルガン・スタンレーで若手トレーダーとして巨額の収入を得るものの9・11ショックに翻弄され、転進、成功、そして不動産バブルに売り向かい大負けする。「強欲の街の裏側」の苦悩が主題ではあるが、終幕の若者向け金融啓蒙サイトを立ち上げる話には著者の思いがこもっていて、すがすがしささえ感じられる。

カネの亡者としての成功と挫折の物語という縦糸に、著者がウェブ上のコラムニストとして才覚を発揮していく中で「稼ぐ」ことと「善く生きる」ことをめぐる葛藤および仲間との複雑な人間関係という横糸が綾なして話が進む。人気コラムを書き続けただけに文章は歯切れよく、訳文もこなれている。ビジネスの世界では動物になったほうが報われるが、現実の世界では自分らしく……という副題が素直に首肯できる。(純)

朝日新聞出版 1785円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT