クラウドの未来 超集中と超分散の世界 小池良次著

クラウドの未来 超集中と超分散の世界 小池良次著

クラウドコンピューティングが刻々と進化している。押し寄せるイノベーションの波によって、今危機に立っているのは、日本のものづくり文化を担ってきたメーカーやメディアであり、これまで得意としてきたハードとソフトの一体化戦略はクラウドによって瓦解し、商品やサービスの差別化を図る要因が大きく変わってしまうという。

シリコンバレーのIT企業を取材対象に、在米25年のジャーナリストが、クラウドで「脱パソコン時代」へと変わりつつある日常の仕事や生活の今後を、彼我の差を鮮明にしつつ展望する。進化するクラウドの発展を、ネットワークやデバイスの視点からも検討して、その行方を予見している。

講談社現代新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。