クラウドの未来 超集中と超分散の世界 小池良次著

クラウドの未来 超集中と超分散の世界 小池良次著

クラウドコンピューティングが刻々と進化している。押し寄せるイノベーションの波によって、今危機に立っているのは、日本のものづくり文化を担ってきたメーカーやメディアであり、これまで得意としてきたハードとソフトの一体化戦略はクラウドによって瓦解し、商品やサービスの差別化を図る要因が大きく変わってしまうという。

シリコンバレーのIT企業を取材対象に、在米25年のジャーナリストが、クラウドで「脱パソコン時代」へと変わりつつある日常の仕事や生活の今後を、彼我の差を鮮明にしつつ展望する。進化するクラウドの発展を、ネットワークやデバイスの視点からも検討して、その行方を予見している。

講談社現代新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT