クラウドの未来 超集中と超分散の世界 小池良次著

クラウドの未来 超集中と超分散の世界 小池良次著

クラウドコンピューティングが刻々と進化している。押し寄せるイノベーションの波によって、今危機に立っているのは、日本のものづくり文化を担ってきたメーカーやメディアであり、これまで得意としてきたハードとソフトの一体化戦略はクラウドによって瓦解し、商品やサービスの差別化を図る要因が大きく変わってしまうという。

シリコンバレーのIT企業を取材対象に、在米25年のジャーナリストが、クラウドで「脱パソコン時代」へと変わりつつある日常の仕事や生活の今後を、彼我の差を鮮明にしつつ展望する。進化するクラウドの発展を、ネットワークやデバイスの視点からも検討して、その行方を予見している。

講談社現代新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT