円高の正体 安達誠司著

円高の正体 安達誠司著

「あと28・8兆円──」という数字を巻頭に掲げる。読了すれば、その謎は解けるという仕掛けだ。

1ドル=70円台に突入し、円高状態が続く。著者は、円高を完全な悪として、そのデメリットを事細かに検証、円高を容認する言説にさまざまな角度から反論してみせる。

円高になれば輸入品が安くなるし、海外旅行でも得をするので、円高は必ずしも悪くはないとの見方に対して、それは日本の産業全体のことを考えていないと一蹴し、円高解消、デフレの克服こそが日本経済復活の道だと説く。

為替や円高・円安の仕組み、さらにデフレについて、エコノミストが自分の主張の論拠を盛り込みつつ解説する入門書ともなっている。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT