いまこそ出番 日本型技術経営 現場の知恵は企業の宝 伊丹敬之、東京理科大学MOT研究会編著 ~世界で生きる経営のありようを探る

また消費者に合わせた味や、価格を抑えるための乳製品の開発により、マーケットを広げてきた歴史もある。そのような日本の酪農生産の技術開発の経過は、国内産業に思えたこの業種が、東アジアで羽ばたく要件をいつのまにか獲得していたことを明らかにしている。

お客が望んでいないハイエンドな商品、あるいは過剰なスペック(性能・機能・品質)の製品としてのガラパゴス化という言葉は、日本のものづくりのありように大きな反省を迫ったが、たしかに技術的に可能であることと、消費者の必要性とは異なっている。それゆえ本書が紹介している、基本機能は強化したが、スペックダウンをして低価格化を実現した工作機械メーカーの取り組みには意味がある。

そのほか、コア技術の生かし方、クレームの発生から潜在しているニーズを発見することなど、本書には日々の仕事のあり方へのたくさんの示唆がある。先端技術や先端材料の開発はむろん大切だが、日常的な工程や設備などを運営する生産技術のイノベーションも同じように重要なことがよくわかるのだ。

編著者は「円高」と「節電」は、かつてのオイルショック克服時と同様の変化を求めていると指摘しているが、そのための手がかりとなる一冊である。

いたみ・ひろゆき
東京理科大学大学院イノベーション研究科教授、一橋大学名誉教授。1945年愛知県に生まれる。一橋大学商学部卒業。米カーネギー・メロン大学経営大学院博士課程修了、Ph.D.を取得。一橋大学大学院商学研究科教授を経る。

日本経済新聞出版社 2100円 295ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング