経済大国インドネシア 21世紀の成長条件 佐藤百合著

経済大国インドネシア 21世紀の成長条件 佐藤百合著

アメリカ合衆国より長い東西幅の国土を持つ海洋国インドネシアが、「混乱と停滞」を脱し、アジア第三の新興経済大国として頭角を現しつつある。著者は、成長を持続できる局面に入ったと判断する。

同国は、人口と資源では大国だが、工業化経験が浅く、日本と対極にある。それでも、現在推進中の開発戦略は、工業化中心主義に陥らず、農業・農園業、鉱業、サービス業の中にも成長のエンジンを配置するというもの。この「フルセット主義」は同様に工業化経験の浅いアフリカ諸国などに対しても示唆に富む。

改革の旗手となる経済テクノクラートや、苦境をくぐり抜け、政治家としても表舞台に立ち始めた産業人の素顔も具体的に描写している。

中公新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT