小澤征爾さんと、音楽について話をする 小澤征爾、村上春樹著

小澤征爾さんと、音楽について話をする 小澤征爾、村上春樹著

これほど読ませる対談本は珍しい。世界のマエストロが主役であることは当然だが、専門知識もない素人だと言いつつ並外れた博識と音楽への鋭い感性を存分に発揮して対談を成功させた人気作家もまた立派な主役である。サンフランシスコ、ボストンをはじめ数多くの楽団を磨き上げた成果と、演奏家たちの評価やエピソード、作曲家の意図と楽譜の読み込み方、演奏技法から「音」そのものまで、門外漢にとっても十分楽しめる内容となった。

多彩な音楽談義を両者が心から楽しんでいるおかげで(小澤は何度も呵呵大笑している)、読む者は音楽の世界に心地よく身を委ねうるだろう。ピアノ協奏曲、60年代、マーラー、オペラ、小澤塾などの章はいずれも興趣が尽きず、音楽の楽しみ方と奥深さが少しだけわかった気になってくる。貴重なレコードをかけながら「ここの演奏が」などと話が弾むので、こちらも聴きながら読みたくなってしまうのがつらいけれど。(純)

新潮社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。