わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段 山下昌也著

わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段 山下昌也著

「大名暮らし」はぜいたくで優雅な生活の表現だが、大名といっても大は100万石から小は1万石まで100倍の差がある。皆が皆豊かというわけではない。一方で大名は石高によって家の格式が決まる。石高が上がれば格も上がるがそれに見合った負担も大きくなり、石高が下がれば負担は減るがその分だけ格も下がる。見栄を取るか、実を取るか悩ましいところだ。

そんな大名社会にあって石高5000石にもかかわらず「格」は10万石の大大名並み、参勤交代も諸役もなしという特別待遇の藩があった。その名は下野の喜連川家。5000石をいかにやり繰りしていったのか、貧乏大名の節約術や生き残り術から、今も変わらぬ生きる知恵を学ぶ。

主婦の友新書 821円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT