わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段 山下昌也著

わずか五千石、小さな大大名の遣り繰り算段 山下昌也著

「大名暮らし」はぜいたくで優雅な生活の表現だが、大名といっても大は100万石から小は1万石まで100倍の差がある。皆が皆豊かというわけではない。一方で大名は石高によって家の格式が決まる。石高が上がれば格も上がるがそれに見合った負担も大きくなり、石高が下がれば負担は減るがその分だけ格も下がる。見栄を取るか、実を取るか悩ましいところだ。

そんな大名社会にあって石高5000石にもかかわらず「格」は10万石の大大名並み、参勤交代も諸役もなしという特別待遇の藩があった。その名は下野の喜連川家。5000石をいかにやり繰りしていったのか、貧乏大名の節約術や生き残り術から、今も変わらぬ生きる知恵を学ぶ。

主婦の友新書 821円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT