エコカーはいつ買うのがお得?

減税、補助金の賢い使い方

 

 昨年末から前倒し適用が始まったエコカー補助金。一定の燃費基準を満たした新車の購入に対し、乗用車では10万円、軽自動車では7万円の補助金が国から支給される制度だ。これを機会に車の購入、買い換えを検討する読者も少なくないだろう。

 

エコカー補助金の正式な制度実施には、第4次補正予算案の可決・成立が必要となるため、まだ告知が始まっていない販売店が多い。さらに今春に予定されるエコカー減税の見直しが相当複雑で、「我々でも正確な情報をつかむことが難しい」(首都圏のディーラー)との声も上がるほどだ。いったいエコカーはいつ買うのがお得なのだろうか。

今回、補助金の対象となるのは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド(PHV)などの環境車と、「平成27年度燃費基準達成または平成22年度燃費基準25%超達成」を満たす車種だ。補助金は13年2月末までが申請期間で、全体の予算枠(3000億円)を超えると申請できない。

ガソリンエンジン車の場合、現在、自動車取得税や重量税が75%減税車となっていれば(平成22年度燃費基準25%超に該当する)、補助金の対象となると考えていいだろう。ただ、購入する際に気をつけなければならないのは、同じ車種でもグレードによって補助金の対象になったり、ならなかったりする可能性があることだ。たとえば、トヨタ自動車「カローラ」のセダンタイプでは、エンジン排気量1.5リッター仕様は補助金対象だが、現状では同1.8リッターは対象とならない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。