ある一定量を定期的に食べることが大事だ--『腸!いい話』を書いた伊藤 裕氏(慶応義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科教授)に聞く

──1日1食や2食でもいい?

3食を食べていた人が2食に変えたからといってカロリーが減っているとは限らない。リズムを考えたら1日3食を取ったほうがいい。

──健康な人ほど臓器を意識しないのでは。

腸に限らず、臓器を意識するのは健康法として大切なことだ。今まで腸について意識しなかったけれども、自分の腸はこんなに頑張っているとわかったら、もう少しいとおしくも思えるし、大事にできるのではないか。

いとう・ひろし
京都市生まれ。1983年京都大学医学部卒業。京大大学院医学研究科博士課程修了。米ハーバード大学、米スタンフォード大学医学部にて博士研究員。京大医学部助教授を経て、2006年から現職。高峰譲吉研究奨励賞など受賞多数。専門は高血圧、糖尿病血管合併症、再生医学、抗加齢医学。

(聞き手:塚田紀史 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2011年12月10日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。


『腸!いい話』 朝日新書 756円 202ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT