日本撤退の英大手スーパー「テスコ」、店舗争奪戦がヤマ場? 買い手候補にはセブン、イオンにドンキの名も

トライアルカンパニーは福岡に本社を持つディスカウントストア。北海道の同業、カウボーイを買収するなど、全国で急拡大している。閉鎖店舗への居抜き出店や、大型物流センターからトレーラーを使って食品などの物資を配送し、中国人中心のエンジニアにシステムを開発させるなど、コスト管理を徹底した運営がウリ。2000坪以上の超大型店からコンビニまで6業態を持ち、収益力や知名度でまだまだ見劣りのする首都圏・関東地域をテコ入れする起爆剤にしたいところだろう。

ドラッグストアのスギ薬局を傘下に持つスギホールディングスは東海地盤だが、近年は首都圏での出店を増やしている業界の風雲児。10年度末774店の店舗を、15年度末には1500店に倍増させる計画もある。雑貨比率が高いつるかめ店舗は、ドラッグストアへの転用も比較的容易とみられる。

この5社のなかから、早ければ12月にも候補が1社に絞られ、優先交渉に入る見込み。ただ、「一括売却を望むテスコの想定する売り値が高く、余剰人員などの追加リストラが避けられないことがわかってきたため、ここへ来て大手2社が及び腰になっており、2次入札が不調となる懸念が出てきた」(金融関係者)こともあり、事態はなお紆余曲折をたどる可能性もある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT