プランB 破壊的イノベーションの戦略 ジョン・マリンズ、ランディ・コミサー著/山形浩生訳

プランB 破壊的イノベーションの戦略 ジョン・マリンズ、ランディ・コミサー著/山形浩生訳

タイトルのプランBは、米国映画などでよく使われるバックアップ用の次善の計画という意味ではない。最初に手掛けたプランAの中身を検証して、それに磨きをかけることによって、既存のビジネスモデルを破壊し、業界地図を塗り替えるような、結果として破壊的イノベーションを起こすプランを指す。

プランAに固執しない理由は、確実性の時代だからという。唯一確実なのは「状況は変化する」こと。イノベーションや新規事業は間違っているという想定で計画を進めれば、よりよいプランBに、そしてさらに素晴らしいアイデアのプランC……Zに到達するという。

その成功例として挙げられているのは、アップル、ザラ、アマゾン、グーグル、ペイパル、スカイプなど20社。粗利益やキャッシュフローを生命線としたトヨタ自動車、イーベイ、コストコなどの当たり前の事業経営に、「固定観念の超克」が破壊的変革をもたらしていく描写が新鮮だ。

文芸春秋 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT