プランB 破壊的イノベーションの戦略 ジョン・マリンズ、ランディ・コミサー著/山形浩生訳

プランB 破壊的イノベーションの戦略 ジョン・マリンズ、ランディ・コミサー著/山形浩生訳

タイトルのプランBは、米国映画などでよく使われるバックアップ用の次善の計画という意味ではない。最初に手掛けたプランAの中身を検証して、それに磨きをかけることによって、既存のビジネスモデルを破壊し、業界地図を塗り替えるような、結果として破壊的イノベーションを起こすプランを指す。

プランAに固執しない理由は、確実性の時代だからという。唯一確実なのは「状況は変化する」こと。イノベーションや新規事業は間違っているという想定で計画を進めれば、よりよいプランBに、そしてさらに素晴らしいアイデアのプランC……Zに到達するという。

その成功例として挙げられているのは、アップル、ザラ、アマゾン、グーグル、ペイパル、スカイプなど20社。粗利益やキャッシュフローを生命線としたトヨタ自動車、イーベイ、コストコなどの当たり前の事業経営に、「固定観念の超克」が破壊的変革をもたらしていく描写が新鮮だ。

文芸春秋 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。