プランB 破壊的イノベーションの戦略 ジョン・マリンズ、ランディ・コミサー著/山形浩生訳

プランB 破壊的イノベーションの戦略 ジョン・マリンズ、ランディ・コミサー著/山形浩生訳

タイトルのプランBは、米国映画などでよく使われるバックアップ用の次善の計画という意味ではない。最初に手掛けたプランAの中身を検証して、それに磨きをかけることによって、既存のビジネスモデルを破壊し、業界地図を塗り替えるような、結果として破壊的イノベーションを起こすプランを指す。

プランAに固執しない理由は、確実性の時代だからという。唯一確実なのは「状況は変化する」こと。イノベーションや新規事業は間違っているという想定で計画を進めれば、よりよいプランBに、そしてさらに素晴らしいアイデアのプランC……Zに到達するという。

その成功例として挙げられているのは、アップル、ザラ、アマゾン、グーグル、ペイパル、スカイプなど20社。粗利益やキャッシュフローを生命線としたトヨタ自動車、イーベイ、コストコなどの当たり前の事業経営に、「固定観念の超克」が破壊的変革をもたらしていく描写が新鮮だ。

文芸春秋 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT