新幹線は、海外からどう見られているのか

日本初開催の「高速鉄道会議」で語られたこと

フランスでは、昨年、航空業界がLCCの大規模なキャンペーンを行い、多くの人に「LCCは高速鉄道より安い」という強い印象を与えた。今年はマクロン法による規制緩和で安価な長距離バスが増えた。とはいえ、鉄道はインフラ維持などにかかる固定費が高く、LCCや長距離バスのように価格を下げるのが難しい。そのためフランス国鉄の講演者は、解決方法が簡単に見つからないと述べていた。日本もまったく人ごとではない。

日本は他国と比べまだ楽観的な状況だが…

一方、日本の講演者は、ほかの交通機関の影響にはあまり触れず、新幹線の利用促進策を発表していた。ハード面では、車内のデザインの工夫や、足湯や現代美術展示室を設置、ソフト面では車内イベントなどが紹介された。会議初日に九州新幹線の車内でDreams Come True(ドリカム)がライブを行ったことも報告された。

日本の新幹線には、東海道新幹線よりも利用者がはるかに少ない区間が存在するが、ヨーロッパの高速鉄道と比べれば、まだ楽観的な状況だろう。また、多様な試みをすぐに実行できるのは、日本ならではの強みなのかもしれない。

ただ、ヨーロッパの高速鉄道が得意とする分野もある。信号システムなどの標準化や車内の消火システム、ドローンを使ったインフラ点検、ビッグデータの活用、ICTとの連携など、日本が学べることはまだまだ多い。

一般的な国際会議では、講演者から、時々、ジョークが飛び出し、場内が湧くことがある。それは場を和ませ、円滑な議論を助けることがある。しかし今回の国際会議では、まじめな講演者が多く、ジョークはあまり聞かれなかった。鉄道という安全を重視する業種の特殊性かもしれない。

日本の講演者は総じて控えめだった。もちろん、すばらしいプレゼンをする人もいたが、表情が豊かでジェスチャーを交えて話す欧米勢や、エネルギーに満ちあふれた話し方をするアジア勢とくらべると、単調さが目立った。

これからも世界の高速鉄道の潮流に鋭くアンテナを張り、海外に対して何で貢献でき、何を学べるかを冷静かつ論理的に判断する――。それが日本の新幹線関係者に求められているのではないだろうか。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。