濱口監督『悪は存在しない』が示す善の可能性 『ドライブ・マイ・カー』に続く超期待作

✎ 1〜 ✎ 40 ✎ 41 ✎ 42 ✎ 最新
拡大
縮小
映画『悪は存在しない』のワンシーン
映画『悪は存在しない』監督・脚本:濱口竜介/音楽:石橋英子/出演:大美賀 均、西川 玲、小坂竜士、渋谷采郁、菊池葉月、三浦博之、鳥井雄人、山村崇子、長尾卓磨、宮田佳典、田村泰二郎/4月26日(金)Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、シモキタ-エキマエ-シネマ『K2』ほか全国順次公開(©2023 NEOPA / Fictive)

『ドライブ・マイ・カー』(2021年)の濱口竜介監督の最新作。同作の音楽を担当した石橋英子がライブパフォーマンス用の映像制作を依頼したことが制作の端緒となった。

美しい自然を背景に描かれる人間模様

物語は巧(大美賀均)と娘・花(西川玲(りょう))の住む信州の山々に囲まれた町にグランピング場をつくる計画が持ち上がるところから始まる。水源汚染などに対しての配慮に欠ける計画に住民は反対。他方で補助金を頼りに建設の着工を急ぐ東京の芸能事務所の高橋(小坂竜士)と部下の黛(渋谷采郁(しぶたにあやか))も、地域の実情を知るにつれ社長やコンサルの計画に疑問を持つようになる。

自分たちにとってのかけがえのないものを大切にして生きる住民たちとそこから何かを感じて変化していく東京から来た2人。森の木々からのぞく空が時折差し挟まれるが、変わらぬ美しさを持つ自然を背景に、異なる立場の者たちの人間模様が描かれる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内