「世界最短」国際列車消滅?シンガポール国境の今 マレーシアと結ぶ新路線建設、高速鉄道構想も

拡大
縮小
E&O woodlands
シンガポール領内にも乗り入れるマレー半島の豪華列車「イースタン&オリエンタル・エクスプレス(E&O)」(筆者撮影)
この記事の画像を見る(21枚)

東南アジアきっての”先進国”として発展著しいシンガポール。公共交通機関をはじめとする社会インフラ整備は世界最高レベルに達しているものの、物価の上昇も著しい。

シンガポールの経済が支えられているのは、後背地にマレーシアの存在があるからだろう。毎日多くの通勤客が行き来する両国間は2本の道路と鉄道で結ばれているほか、新たにライトレールが建設中。さらに、一時計画があったものの棚上げとなったシンガポール―クアラルンプール間の高速鉄道計画も復活の動きがある。一方で、現在両国を結んでいる「世界最短の国際列車」は近い将来姿を消しそうだ。

新たな時代を迎えつつある、シンガポールとマレーシアを結ぶ交通事情の現状と未来について紹介したい。

両国を結ぶ道路は大渋滞

シンガポールとマレーシア側ジョホール州(State of Johor)の間には海峡があり、2本の道路でつながっている。1本は1923年に開通したコーズウェイ(Causeway)で、ジョホール・バル(Johor Bahru)の市街地とシンガポール側とを結んでいる。その名のように長い堤(コーズウェイ)となっており、道路と単線の鉄道が並行して通っている。

もう1本は1998年に開通したセカンドリンク(Second Link)と呼ばれる橋で、全長は2km。市街地からは離れているものの両国の高速道路と直結しており、マレーシアの首都・クアラルンプールに直行する場合などはこちらを利用することが多い。

ウッドランズ チェックポイント
シンガポール側の国境検問所ウッドランズ。看板には鉄道の国境検問所(Train Checkpoint)の表示がある(筆者撮影)
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT