母親の労働参加、年金制度・控除制度との関係は 米国では既婚の母親の労働参加率が著しく低い

✎ 1〜 ✎ 255 ✎ 256 ✎ 257 ✎ 最新
拡大
縮小
子育てイメージ
(写真:Pangaea/PIXTA)

米国では、既婚の母親の労働参加率が著しく低いことが経済問題となっている。筆者は、米国の代表的な公的ミクロデータ(Panel Study of Income Dynamics)を用いて、25〜45歳の既婚女性の労働参加率を子どものいないグループと15歳以下の子どもが1人以上いるグループとに分けて計算した。すると、前者の労働参加率84.7%に対し、後者のそれは65.8%だった。すなわち、子どもがいることにより、既婚女性の労働参加率が20%ポイント弱下がるのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内