言葉の力「作家の視点」で国をつくる 猪瀬直樹著

言葉の力「作家の視点」で国をつくる 猪瀬直樹著

日本人、特に若者たちのコミュニケーション能力の劣化を、著者は「心理的鎖国状態」と表現する。こうした状態を憂え、作家の立場から「言語技術」の習得の必要性を訴えている。

言語技術とは、相いれない考えを持つ相手であっても正確に理解し、きちんと言葉で自分の考えを伝えられるスキルのこと。具体的には説明・描写の技術、報告の技術、要約の技術、絵やテキストの分析と解釈、批判の技術などを身に付けることである。

東京都副知事でもある著者は、「<言葉の力>再生プロジェクト」を立ち上げ、行政から言語技術の普及を目指す。世界で活躍できる若者を育成するためのさまざまな取り組みも紹介している。

中公新書ラクレ 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT