言葉の力「作家の視点」で国をつくる 猪瀬直樹著

言葉の力「作家の視点」で国をつくる 猪瀬直樹著

日本人、特に若者たちのコミュニケーション能力の劣化を、著者は「心理的鎖国状態」と表現する。こうした状態を憂え、作家の立場から「言語技術」の習得の必要性を訴えている。

言語技術とは、相いれない考えを持つ相手であっても正確に理解し、きちんと言葉で自分の考えを伝えられるスキルのこと。具体的には説明・描写の技術、報告の技術、要約の技術、絵やテキストの分析と解釈、批判の技術などを身に付けることである。

東京都副知事でもある著者は、「<言葉の力>再生プロジェクト」を立ち上げ、行政から言語技術の普及を目指す。世界で活躍できる若者を育成するためのさまざまな取り組みも紹介している。

中公新書ラクレ 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT