言葉の力「作家の視点」で国をつくる 猪瀬直樹著

言葉の力「作家の視点」で国をつくる 猪瀬直樹著

日本人、特に若者たちのコミュニケーション能力の劣化を、著者は「心理的鎖国状態」と表現する。こうした状態を憂え、作家の立場から「言語技術」の習得の必要性を訴えている。

言語技術とは、相いれない考えを持つ相手であっても正確に理解し、きちんと言葉で自分の考えを伝えられるスキルのこと。具体的には説明・描写の技術、報告の技術、要約の技術、絵やテキストの分析と解釈、批判の技術などを身に付けることである。

東京都副知事でもある著者は、「<言葉の力>再生プロジェクト」を立ち上げ、行政から言語技術の普及を目指す。世界で活躍できる若者を育成するためのさまざまな取り組みも紹介している。

中公新書ラクレ 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。