言葉の力「作家の視点」で国をつくる 猪瀬直樹著

言葉の力「作家の視点」で国をつくる 猪瀬直樹著

日本人、特に若者たちのコミュニケーション能力の劣化を、著者は「心理的鎖国状態」と表現する。こうした状態を憂え、作家の立場から「言語技術」の習得の必要性を訴えている。

言語技術とは、相いれない考えを持つ相手であっても正確に理解し、きちんと言葉で自分の考えを伝えられるスキルのこと。具体的には説明・描写の技術、報告の技術、要約の技術、絵やテキストの分析と解釈、批判の技術などを身に付けることである。

東京都副知事でもある著者は、「<言葉の力>再生プロジェクト」を立ち上げ、行政から言語技術の普及を目指す。世界で活躍できる若者を育成するためのさまざまな取り組みも紹介している。

中公新書ラクレ 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT