風評被害 そのメカニズムを考える 関谷直也著

風評被害 そのメカニズムを考える 関谷直也著

なぜ風評被害は発生するのか。社会心理学の立場から災害を研究する著者は、風評被害は「疑心暗鬼の連鎖」だと言う。高度情報社会である現代でひとたび災害が起これば、メディアの報道は過熱する。「××産の野菜が放射能に汚染された」とわかれば出荷制限され、それを知った人々は念のため近隣の野菜まで買い控えるようになる。売れなければ業者も仕入れず、さらに売れなくなる。こうした負のスパイラルによって、風評被害はどんどん広がっていく。安全・安心を過度に追求する日本では、特に顕著に表れるという。

第五福龍丸被爆事件から今回の大震災まで、さまざまな事例を分析し、風評被害のメカニズムの解剖を試みる。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT