風評被害 そのメカニズムを考える 関谷直也著

風評被害 そのメカニズムを考える 関谷直也著

なぜ風評被害は発生するのか。社会心理学の立場から災害を研究する著者は、風評被害は「疑心暗鬼の連鎖」だと言う。高度情報社会である現代でひとたび災害が起これば、メディアの報道は過熱する。「××産の野菜が放射能に汚染された」とわかれば出荷制限され、それを知った人々は念のため近隣の野菜まで買い控えるようになる。売れなければ業者も仕入れず、さらに売れなくなる。こうした負のスパイラルによって、風評被害はどんどん広がっていく。安全・安心を過度に追求する日本では、特に顕著に表れるという。

第五福龍丸被爆事件から今回の大震災まで、さまざまな事例を分析し、風評被害のメカニズムの解剖を試みる。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT