スピーチの奥義 寺澤芳男著

スピーチの奥義 寺澤芳男著

聴衆を引き付けるスピーチ法はもちろん、ビジネスにおけるネゴシエーション術、外国人との齟齬(そご)を来さない意思疎通の仕方など、コミュニケーション全般についてのテクニックを集めている。

著者は、参議院議員や野村証券副社長、МIGA(多国間投資保証機関)初代長官などとして、グローバルに活躍した。国の内外、政・官・財で培ってきたコミュニケーションに関するノウハウを惜しげもなく披露している。

過度な緊張を解く方法、聴衆の心をつかむジョーク術、例え話の巧みな使い方、スピーチでのタブー集などに加え、国会議員の答弁がいかに特殊かを反面教師として、世界標準のスピーチ術を説くところも面白い。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。