スピーチの奥義 寺澤芳男著

スピーチの奥義 寺澤芳男著

聴衆を引き付けるスピーチ法はもちろん、ビジネスにおけるネゴシエーション術、外国人との齟齬(そご)を来さない意思疎通の仕方など、コミュニケーション全般についてのテクニックを集めている。

著者は、参議院議員や野村証券副社長、МIGA(多国間投資保証機関)初代長官などとして、グローバルに活躍した。国の内外、政・官・財で培ってきたコミュニケーションに関するノウハウを惜しげもなく披露している。

過度な緊張を解く方法、聴衆の心をつかむジョーク術、例え話の巧みな使い方、スピーチでのタブー集などに加え、国会議員の答弁がいかに特殊かを反面教師として、世界標準のスピーチ術を説くところも面白い。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。