新版 原発のどこが危険か 桜井淳著

新版 原発のどこが危険か 桜井淳著

なお沈静化に先の見えない福島原発事故。非常用ディーゼル発電機の不作動が引き金になったが、それは本当に「想定外」だったのか。これから検証されることになるが、本書は16年前に刊行の旧版において、今回の「非常用電源喪失」の危険性をかなりのページ数で詳細に指摘し、警告を発していた。

その論拠は、専門的視点でそれまでの世界の原発事故を総ざらいし、原因を追究した結果であり、対応不足が懸念される、説得力のあるものだ。「発電機の起動に失敗する確率は100万分の1」とする専門家の当時の自信は、この警告を一笑に付したのだろうか。

今回のように安全神話が崩れた現実を突き付けられると、ほかにも専門家にとって“盲点”があるのではないかという疑念が湧く。そうでなくとも、多くが老朽化を迎えつつある日本の原発だ。念入りな安全対策をどう進めていくべきか。福島では手遅れになったが、参考になる一冊だ。

朝日選書 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT