新版 原発のどこが危険か 桜井淳著

新版 原発のどこが危険か 桜井淳著

なお沈静化に先の見えない福島原発事故。非常用ディーゼル発電機の不作動が引き金になったが、それは本当に「想定外」だったのか。これから検証されることになるが、本書は16年前に刊行の旧版において、今回の「非常用電源喪失」の危険性をかなりのページ数で詳細に指摘し、警告を発していた。

その論拠は、専門的視点でそれまでの世界の原発事故を総ざらいし、原因を追究した結果であり、対応不足が懸念される、説得力のあるものだ。「発電機の起動に失敗する確率は100万分の1」とする専門家の当時の自信は、この警告を一笑に付したのだろうか。

今回のように安全神話が崩れた現実を突き付けられると、ほかにも専門家にとって“盲点”があるのではないかという疑念が湧く。そうでなくとも、多くが老朽化を迎えつつある日本の原発だ。念入りな安全対策をどう進めていくべきか。福島では手遅れになったが、参考になる一冊だ。

朝日選書 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT