有料会員限定

20年越しで本格化、財源付き子育て支援策の行方 人口減不可避も「国民全員で子育てを支える」

✎ 1〜 ✎ 208 ✎ 209 ✎ 210 ✎ 最新
拡大
縮小
公園で遊ぶ親子
(写真:shimi/PIXTA)

「少子化対策は待ったなし。今がラストチャンスだ」

岸田文雄政権下で議論が進む「異次元の少子化対策」でこうした危機感を表す声が叫ばれている。しかし、これは過去に何度も聞いたことのあるフレーズだ。

最も強く叫ばれたのは、出生数が毎年200万人以上の団塊ジュニア世代が子育て期にあった20年ほど前だ。現在の子育て世代人口は団塊ジュニアの半分近くに減っており、人口減少を止めるという意味では、「もはやラストチャンスは終わっている」といえる。

社会保険料の活用

その約20年前、筆者は政府の子育て支援関連会議の委員をしていた著名な有識者に取材した。当時は保育所の不足などが最大の課題であり、やるべきこと=政府の支出先は誰の目にも明らかだった。

次ページ国民全体で子育てを支援する動きが
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内